吸い込んで食べる!キアンコウ脅威のスピード

 

前回のキアンコウ捕食は若魚ですが、今回は成魚。捕食の瞬間は、衝撃音がありました。嘘っぽいしょ!?けど、本当なのです。

見てねー。

 

アンコウ捕食スピードは、驚異の0.??秒!!

長期休暇ですが、コロナ禍なのであまり外へも行かず、家の中でデータの整理しております。写真も撮りますが、私は主に動画撮影なので、とにかくデータが重いです。昨年導入したCANON R5の動画データの重たいこと!4k120fpsとか8kとか、10秒でも回したら、すぐに数GBですから、整理、バックアップが大変です。

“アンコウ捕食スピードは、驚異の0.??秒!!” の続きを読む

深海生物クラゲダコあげました!

先日NHK「ダーウィンが来た」の放送があり、私の名前とはまゆうマリンサービスの名前が出ていたこともあり、多くの人から連絡を頂きました。ありがとうございました。今回の番組では、コーディネート、ガイドを担当させて頂き、私が撮影した過去の映像も使って頂きました。色々な素材を渡していましたが、編集後の映像は、外部の人間は見れないので、放送後に「あっ、これ使われたんだ」と知るわけです。渡した映像で、今回使われていなかった深海生物クラゲダコの映像をYouTubeにあげましたので、お時間ある方はご覧ください。

近々、番組で使われていたアンコウの捕食シーンやチョウチンアンコウの映像などもYouTubeにあげる予定です。ダーウィンが来たの再放送が終わってからですかね。

最後に、今回、取材でご一緒させて頂いた日本水中映像の皆様、ありがとうございました。

 

 

浮遊系201811 Part1

今年の秋は、過去最低の透明度が続いていたが、11月に入り透明度が良くなり、不思議な浮遊系が入ってきた。他の季節でも黒潮が入ってくるが、何故か春と秋だけ浮遊系が入ってくる。浮遊系図鑑や書籍の撮影のためにプロが通いこんでいた青海島も春と秋が良いらしい。んー、何故だろー。通常、浮遊系が入ってきても1週間もフィーバーが続けばいい方で、短い場合は1日だけで終わる時もある。が、しかし今秋は、冬型の気圧配置にならず、そよそよ東風が拭き、湾内に入ってきた浮遊系が留まったようで、フィーバーは2週間程続いた。海と地形と、潮と風が良い具合に奇跡を起こし続けた感じ。今秋は、本当に凄かったので、ちょっとだけ紹介を “浮遊系201811 Part1” の続きを読む