みんなちがって みんないい

サラサハタ 幼魚 大瀬崎 湾内

お盆が終わり、海水浴客も一気に減り、穏やかな大瀬崎。あの喧騒や猛暑が終わり、ダイバーシーズンになり最高です。さて、海の中には、人気の生物が登場。ウラシマガイに入るミジンベニハゼのペア。

ミジンベニハゼ ペア 湾内 大瀬崎

とにかくカワイイ。そしてダイバーに大人気。

どうも、貝の上下を動かしている人がいるようだが、止めましょう。ミジンベニハゼは巣の上部に卵を産むので、上下反対にすると卵が下になり砂などが被り、卵が死ぬ可能性があります。

次にサラサハタ。思ったより大きく、見た瞬間ビビる。以前見た4cmくらいのイメージがあったので、15cm弱の大きさは100mmマクロだと厳しかった。

サラサハタ 幼魚 大瀬崎 湾内

ヒョコヒョコ泳ぎ、真横から撮るのが難しかった。いやー、イイ!真っ白でなく、くすんだ感じがまたイイ!

 

撮影していると顔つきが他のハタと違い、思わず見入る。顔がシャープ。

サラサハタ 大瀬崎 湾内 幼魚 南方系 死滅回遊魚 レア

撮っている時は気づかなかったけど、唇まで模様入り。徹底してますな。

 

 

幼魚の時だけかもしれないが、基本は斜めに泳いでおり、捕食時は縦に泳いでいた。

ハタ 捕食 サラサハタ 大瀬崎 湾内 表層系 浮遊系 レア

捕食の瞬間は、早くて撮れず。ハタだけに何度も捕食していた。

珍しい魚は大人気で、これを見たくてダイバーが集まる。人気者は大変だ、スロトボ浴びまくったに違いない。

 

 

個人的にサラサハタを撮影できて満足だが、より珍しい瞬間を激写 サラサハタよりレアだわ!

ヒメジ オジサン 大瀬崎 湾内 ウミヒゴイ オキヒメジ タカサゴヒメジ

みんなで砂の中を餌を探すヒメジの子ども達。

ヒメジ4種フレームイン!右からウミヒゴイ、タカサゴヒメジ、オジサン、オキナヒメジ(右下クツワハゼは無視してね)

安全停止中に、かなり粘って撮った。どうでも良い風景だが、平和な大瀬崎の浅場、何故か私の心に刺さった。

大瀬ではこの時期、南方系のヒメジも入ってくる。名前のインパクトで話題になるオジサン。それ以外のヒメジは雑魚扱いで誰も撮らない話さない。むしろ湾内で探餌のため砂を巻き上げる魚の集団ヒメジたちは、嫌いな魚ランクイン間違いなし。

上の写真の集団のボスは、大瀬崎をホームとする黄色のラインがあるウミヒゴイ。先頭を泳ぎ、みんなが追随していた。オジサンは落ち着かず、よく離れて泳ぐが、我に返ると集団に戻る。タカサゴヒメジは一番小柄だからか、ウミヒゴイに常にくっついて泳いでいた。オキナヒメジは付かず離れず。

 

みんなちがって、みんないい。

けど、やっぱり仲間が落ち着くんだね、ヒメジ君たち。