EOS R5で4k120p

西伊豆クリスタルビーチ r5 4k120p

R5の4K 120Pの試し撮り 発熱問題の検証を兼ねて、子供を連れて海へ。コロナ禍なので、人が誰もいない浜を探すと西伊豆クリスタルビーチは無人。ここに決まり!

西伊豆クリスタルビーチ r5で撮影

ここで適当に撮影しようとすると、子供が砂遊びを開始。砂の粒子が荒らそうだから難しそうだけど、上手に砂団子を作成。仕上げも海藻とかつけて可愛かったので、その一連を4k120pで撮影。ハイフレームレート(1秒に120枚の写真をとり映像にしたもの)で撮影するとデータが小さくなるIPBでなく、データが馬鹿でかいALL-Iに強制的になります。(2021年5月現在)データ管理が大変だー、、、、。

発売当初、ネットで話題になっていた発熱問題ですが、私は全く気にならなかったです。子供を撮影しては、プレビュー、基本、電源入れっぱなしでした。時間的には2時間とかですかね。R5もファームアップで熱問題に対処したのかもしれませんが、ネットで騒がれるほどの問題は感じませんでした。今もCANONのHPでは最大撮影時間は30分とあります。外の日向にて2時間で30分程の撮影はしましたが、問題はなかったです。CANONの想定は連続で30分なのかも?しれません。

興味半分でLog撮影をしてみました。撮影時はまだLog3はなかったので、Log2

で。この日は、あまり感じなかったのですが(そこまで余裕がなかったかも)後日風景撮影をした時に、ダイナミックレンジの広さに驚愕。晴れの日の日向と日陰の明暗差に今までは諦めを感じていたのですが、R5のLogの明るさ階調は、ちょっと凄いかもしれません。これからもっと使って報告します。

4k120pにおいてもクロップは可能とのことですが、24-70mmのレンズだったのでクロップはしませんでした。

帰ってから編集が問題です。R5編集機としてパソコンは新調。スペックはINTER corei9 10900k CPUは大事だと思い奮発 グラフィックボードもNVIDIAのRTX3070と半導体需要半端ない中で買っちゃいました。メモリは32GB 足りなそうなら後で増設可能な設定です。ストレージはとりあえず、SSD 1TBで何とかなるだろというパソコンです。ちなみに、SSDとメモリはアクセススピード?は早いもにしています、高かったけど。不況サービス業お父さん、今回は奮発しちゃいました。鈍くさいパソコンだと編集が嫌いになっちゃうので。

で、早速プレミアプロで編集。プロキシを使わず、生データをレンダリング、モニターの映像表示も100%表示 コマ落ち 遅延全くなし!!!!!!!!書き出しも速攻!すげー 想像以上の速さ。4K120P ALL-Iのクソ重データを余裕で出来るなんて、、、、買う前にyoutubeでかなり調べたのが功を奏したようです。いやーyoutubeって本当役立つな。最新情報は、本でもブログでなくyoutubeだね。

で、作った映像がこちら。カラコレとか面倒なのでしていません(笑)もう少し勉強します、と言っても水中では構図に太陽を入れるとか、特別な状況ではない限りLog撮影はしないつもりです。あくまでも予定。

後日、このあたりの事もyoutubeにあげる予定です。

最近、写真撮るぞ!楽しいー!て感覚は弱いので、動画に力入れていきます。youtubeで色々な人から、最新の有益情報を一杯教えてもらっているので、私も役立つことができたらと思い、動画アップしていきたいと思っています。チャンネル登録よろしくお願いします!!!!って言うときがくるなんて思わなかったよ(笑)