天城へトレッキング 沢登り 狩野川源流をさかのぼる

天城山 ブナ 天城越え 伊豆ジオパーク ドローン mavicpro

病み上がりで、まだ早いと思ったが、天城の新緑がどうしても見たくて、無理やり出撃。本当は、アマギシャクナゲを見たかったが、無理せず、新ルート開拓となった。題して「狩野川源流をさかのぼる」

ちょっと仰々しい題名だが、いつもは沢から途中のやせ尾根に取り付いて、正規ルートへ近道しているのだが、今日は、ひたすら沢を登ってみることに。狩野川の源流をさかのぼり、尾根から最短の水場を探りたいという目的も兼ねて。この日は、下界は猛暑、ここは低山なのであまり涼しくないので、沢が涼しくて良い!というのもある。

天城 沢登り 狩野川 源流

すみません、おきなりオジサンの裸体で(笑) あまりにも暑いので、水浴び。タオルとシャツも濡らす。これが気持ちよかったーー!この後、人生初のヤマカガシに出会った。調べてみると、沢など水がある場所にが多くいるらしく、水の中でもニョロニョロ動いていた。こういう時にガブリとやられるんだなーと実感。すぐに逃げていったけどね。天城に生息している毒ヘビは、このヤマカガシとマムシ。ヤマカガシは、毒牙が口の奥にあるので、しっかりガブリとやられない限りは大丈夫との事。しかし、毒がかなり強くハブの数倍との事です。私も、毒蛇に関しては、知っておかないと、万が一噛まれた時に、血清を打つときに、どの種類のヘビか分からないと困るから柄だけは覚えています。毒のないアオダイショウに噛まれてパニっくって下山とか、ダサいですからね。

 

 

天城 トレッキング 沢登 ワサビ田
gopro7にて撮影

ひたすら沢をさかのぼる。暑いけど、沢の音に癒される。上流では、ワサビ田の廃材を放置されている。最近は、雨が一気にふるから、ワサビ田の管理も大変で後継者も少ないのかもしれない。ただ有刺鉄線だけでも危ないから片付けてください。海も山も、そこで従事している地元の人間が廃材を放置している場合が多い。残念だ。

 

天城山 天城トレイル 水場 沢登 万二郎
iphone xrにて撮影

上り詰めると、いよいよ最上流に到着。大袈裟だけど、狩野川源流の1つである。一か所だけ、小さな滝があったけど、それほど危険ではなかったので、下山時も使用可能。ここから天城の稜線まで距離200mもないので、稜線での貴重な水場となりそうだ。以前、万二郎岳に登った時、ホンドキツネを見てから、エキノコックス疑惑があり、天城でも生水は飲まないことにしている。煮沸すればOK。北海道ではないから可能性低いけど、エキノコックスが怖いのは、数年後に発症するので、予防策がとにかく大切。

 

尾根の稜線に出たあと、思ったより元気だし、時間も余裕だったので、ブナの新緑を浴びに、もう少し歩く。

天城 ブナ 絶景 伊豆 
6DmarkⅡ ef24-70mmlf4で撮ってみた。

一眼レフで撮ってみたけど、PLフィルターなかったので、イマイチ。やっぱりPLフィルターつけて、三脚で撮らないとダメなのか、、、。

天城は、日本百名山の万二郎、万三郎のいわゆる天城山が有名だけど、私的にここのほうが、圧倒的に綺麗だと思う。晴れた時でもガスった時でも、ここは本当に美しい。上の写真は私が勝手に天城の核心部と呼んでいる場所。冬場の葉がない時は、こんな感じです。ルート通りだと日帰りは厳しい場所なので、ほぼ誰もいない。天城はテント場も水場もないので、縦走している人も少ない。稀にテント持参で縦走している山通もいるが、水を多めにもたないと厳しい。伊豆トレイルジャーニーというトレランの大会が行われるようになったので、少しずつ有名になるかもしれない。

ブナ 万次郎 天城山 日本百名山
ブナを切り撮ってみた。

晴れた時のブナは少し見上げた時の色が本当に美しい。あー白神山地行きてー。上の写真は一眼レフで下の写真はgopro7。大きさと重さの違いの割に、画質の差は小さいと思う。用途が違うので、一概に比較は出来ないが、価格、大きさ、重さの違いの割に撮れ高は変わらない。goproで、50mmとか、100mmとか画角の違うシリーズが出たら、面白いと思う。焦点距離が長くなっても、被写界深度は連射して深度合成すれば、パンフォーカスも可能だろう。無理そうだけど、やったら買う人いると思うな。

 

伊豆トレイルジャーニー ブナ 稜線 天城
ブナの巨木も元気 GOPRO7で撮影

GOPRO7 BLACKにて撮影。手持ちでこの画質でこのコントラスト(HDRモード)最近一眼レフを持ち出すのが億劫になってきた。一眼レフも、手持ちでサクっと綺麗に撮れるような設計にしないと、本当に売れくなるると思う。手持ちで連射してダイナミックレンジの高い一枚の写真を合成するとか、葉っぱの反射とか、補正してくれたりとか。そんなファームウェア簡単に出来ると思うんだけど。風景写真はPLフィルターつけて三脚で絞って撮るんだ!みたいなカッコよさも理解できるけど、若い子には理解されないと思う。写真で大きくプリントしないなら、ドローンとGOPRO、スマホで十分。ドローンはDJI(中国)goproはアメリカ。米中貿易戦争ですな。一眼レフはCANON(日本)だが、私の中で順位は下がってきている。

 

天城 杉 ヒノキ ブナ
天城 悪魔の森 gopro7で撮影

私が勝手に名付けた悪魔の森(笑) いつもここの近くを通るときに、ここの場所だけ陰鬱と真っ暗で、近寄りがたい雰囲気だが、今日は、この上ない晴天だったので、悪魔の森に侵入し、自撮り。写真だと明るいが、それはカメラの補正がかかっているだけであって、本当に信じられないくらい暗い。昔、幼樹をここで育てていたが、樹の価格が下落し、そのまま放置されたのだろう。間伐もされないので、樹と樹の距離感は2mもなく、真っ暗な森となる。負の遺産だね。

 

私は暑くても、基本は長袖、長ズボン。理由は、肌の保護です!!女子か!?

天城は低山なので、6月くらいからマダニが活発になります。長ズポンならヘビに噛まれるリスクも低いし。あとは、私、ルート外ガンガン行くので、樹や枝の裂傷のリスクもあるので、肌は出しませんね。最近は、短パン、半袖、俺イケてる感出している人いるけど、内心「素人が!!」って思ってます(笑) 友人にもいるけどね。やっぱり山ではリスクは抑えないと。町でないから、すぐに救急車も来ないしね。まー、森林限界超える山とかなら、短パンありかもしれないけど、高い山は紫外線半端ない。短パンはくならタイツはあったほうがベターです。あと、山では人相悪いけどサングラスしてます。紫外線バカにしてはいけません。以前、大きな病院で入院した時、同じ病室で目の手術をしている人が3人いて、みんな漁師でした。紫外線怖いなって思ってます。本当は、海でもサングラスしたいけど、サービス業なので遠慮してます。今年はゲストに理解してもらって装着しようーかなと。

天城山 ブナ 天城越え 伊豆ジオパーク ドローン mavicpro
DJI mavicproで写真撮影。最近、ドローンで色々なアングルを探すのが楽しい

最後に

暑かったので、沢伝いでの新ルート探しだが、成功し満足満足。稜線歩いている時の水も確保できそうでし、エスケープルートも確保。足場は悪いけど、天城の核心部にも少し近道もできる。良い休日であった!!